ページの本文へ

Hitachi

日立産機システム 新卒採用情報

5馬力モーター

私たち日立産機システムの原点は、日立グループの原点と密接に関わりがあります。
1910年に当時の日立製作所が久原鉱業所日立鉱山付属の修理工場として発足し、創業製品として、モーターをつくりました。このモーターが2008年、日本機械学会に「機械遺産」として認定され日立グループでの最初の国産製品とされています。そして今、その創業製品を受け継いでいるのが私たち日立産機システムです。まさに日立グループの源流が日立産機システムにはあるのです。

モーター比較写真
モーター小型化の取り組み

  • 左:試作モーター
  • 中:現行モーター
  • 右:創業モーター

2002年4月、日立製作所産業機器グループと、日立グループ各社の計5社が、それぞれの持つ先進技術を集結し、一体となって「日立産機システム」を設立しました。 現在もたゆまぬ技術革新を続けており、創業製品のモーターを開発したちょうど100年後の2010年には、この創業モーターに比べ体積を15分の1に小型化した「5馬力永久磁石同期モーター」を開発(*)。また、2014年にはモーターの心臓部である鉄心部分にアモルファス合金を使用し、レアアースを用いずに国際高効率規格の最高レベルであるIE5を達成するアモルファスモーターを開発(*)するなど、エネルギー消費の抑制や省スペース化といった社会的課題に先進技術で応えています。
(*いずれも日立製作所との共同開発)

日立産機システム創業以来、モーターのみならず、ポンプ、制御機器、空気圧縮機、変圧器、産業用プリンタなどの各種産業機器やシステムの製造・販売・サービス、およびシステムソリューションを展開しています。 例えば、工場の動力源となる空気圧縮機、電気の供給に不可欠な変圧器、食品や医薬品のトレーサビリティに欠かせない産業用インクジェットプリンタ、重量物の搬送を支えるホイスト(クレーン)などで私たちの日常生活や産業業界におけるモノづくりを支えています。近年はこれまで培ってきた技術・ノウハウを活かし、更なる高付加価値製品やサービスの開発に取り組んでいます。

いつの世の中でも必要とされる、時代を超えた価値を持つ製品・システム。
これが私たち日立産機システムのモノづくりの原点なのです。「Beyond The Future」