ページの本文へ

Hitachi

日立産機システム 新卒採用情報

事業を知る

モータ

電気エネルギーを動力に。「古く」て「新しい」モータの世界

モータimg_01

日立製作所の創業製品であり、日立産機システムの基幹製品でもある産業用モータは「古く」て「新しい」製品です。国産モータの歴史は100年を超えています。モータは私たちの生活や産業の世界に深く入り込み、1日の生活の中でモータに関わらないことはないと言えるでしょう。そしてその必要性は薄れるどころかますますその活躍の範囲を広げようとしています。モータはエンジンなどと比較すると比較的騒音が少なく排気ガスも出しません。また電源があれば燃料タンクも要らず設置場所も小さくて済みます。このため、屋内の設備にはほとんどモータが使われます。更に、電気で動くため各種の制御も容易であり、様々な用途に応用することができます。また、内燃機関と比較すると電源の問題さえ解消すれば二酸化炭素の排出もないため、自動車業界等においても次世代の動力源として期待されています。

現在モータの技術は、更なる高効率、小型・軽量化、静音化をめざして革新が続いています。日立創業モータ(写真上)と最新型モータ「ザ・モートルNeo100」(写真中段)を比較すると、容積・質量ともに約5分の1という小型・軽量化を達成しています。加えて当社では高度解析・設計技術により、誘導モータにかわる高性能な永久磁石モータを開発。また、新材料(圧粉磁心、アモルファス合金など)を用いたモータの研究も進めています。

汎用モータシェア国内No.1。皆さんの生活と産業インフラを支えます

モータimg_02

日立産機システムのモータは主に工場の設備やエレベータ・エスカレータなどの動力源として使われています。非常に汎用性が高く幅広い業界で活躍しており、当社では約2000機種のモータをつくっています。最近では建設機械の動力源としても使用されるなど新しい領域へも展開しています。また、当社はモータを動力源とする空気圧縮機、ポンプ、送風機、ホイスト(クレーン)にもその技術範囲をひろげており、これらの製品の中には国内トップシェアのものもあります。

地球温暖化における二酸化炭素の問題、少子高齢化社会における働き手の減少による各種自動化の要請など、クリーンで比較的安価な動力源であるモータの活躍の場は今後ますます増えていくことでしょう。