ページの本文へ

Hitachi

日立産機システム 新卒採用情報

仕事を知る

仕事の流れ

さまざまな職種が支えるビジネス

私たちの大きな強みは“製造”から“販売”、さらに販売後の“保守・サポート”を自社で一貫して担える体制を持っていることです。そのなかでは、さまざまな部門・職種が関係し、協業しあいながら仕事を進めていきます。
自身の担当に責任を持ち、また関係しあう部門と密に協力し合うことで、よりよい製品・システムの創造や新しいビジネスチャンスを創出することができるのです。

さまざまな職種が支えるビジネス

職種と仕事内容

仕事の流れに沿って代表的な職種と具体的な仕事内容を紹介します。どんな仕事をしてみたいか考える参考にしてみてください。また、先輩社員たちのインタビューではより具体的な仕事内容やワーキングスタイルを紹介していますので、ぜひご覧ください。

設計開発

単体製品の設計開発と工場の製造ラインなど産業システムの設計開発。完結した機能を持つ製品を手がけること、B to Bの事業形態で製品の評価をお客様から直接聞く機会があることが魅力です。

生産技術

自社工場の製造ラインの設計・運用・保守、または高度な製品づくりを支える機械加工技術の開発を通じ、安全かつ効率的に製品をつくるための仕組みを作ります。生産現場の視点で設計者に助言を行うこともあります。

調達

部品・材料を生産計画に合わせ調達。品質、コストなどあらゆる面から検討を重ね、適切な資材調達ができる体制を作ります。設計者との検討、新たな調達先の開拓など業務は多岐に渡ります。

生産管理

納期厳守の生産計画を立案。同時並行的に生産される各種製品の生産スケジュールを把握し、工場の最適な稼働率を実現します。あらゆる部門との連携・情報収集が必要です。

品質保証

高品質な製品を生み出すための仕組みづくり、完成品の検査、製品に不具合が生じた場合の原因究明・対応策の実施まで、製品の一生を品質面から支えます。製造時の環境負荷や有害物質への対応も重要なミッションです。

国内・海外営業

担当する代理店の特色・強みを活かした営業戦略を立案、二人三脚でエンドユーザへ提案します。産業機器を扱いますが、中心は文系出身社員。工場実習など技術面の育成体制も万全です。

サービスエンジニア

製品の点検や、万が一障害が発生した場合の迅速な対応など、機器の安定稼動に貢献する、まさに社会インフラを支える仕事です。お客様とその機器に一番近いメリットを活かし、省エネ診断や省エネソリューションの提案活動も行います。

経理財務

予算策定、製品損益計算・管理、関連会社業績管理から海外現地法人にかかる経理業務全般まで業務は多岐に渡ります。どの業務でも、それが経営に対してどのような意味合いを持つかを意識することが求められます。

人事総務

人事、労務、庶務、法務など、社員の入社〜退職後まで様々なサポートを行い、力を発揮できる環境を作ります。対人折衝力・問題解決力など営業的な素養も求められるポジションです。

社内情報システム

自社内の情報システムの開発・運用・保守。システムを利用する各部門と連携し、次期システムを企画・開発したり、現行のシステムを運用しつつ改善提案・保守を行います。