ページの本文へ

Hitachi

日立産機システム 新卒採用情報

仕事を知る

谷智史

入社のきっかけは?

私が日立産機システムのことを知ったのは、大学2年生の時に関西支社でインターンシップに参加したのがきっかけ。和やかな社風や社員の人柄の良さに魅力を感じ「良い会社だ」という印象を持っていました。実際の就職活動ではインテリア関係や文房具メーカーなど、様々な企業にエントリーしましたが、最終的には大学で学んだ機械工学の知識を生かせる企業として当社を志望しました。会社としての成長性や安定性も大きな魅力でした。生産技術という職種を選択したのは、自分にはオフィスでパソコンに向かうよりも、製造の現場に近い仕事が向いているのではないかと思ったためです。

現在の職種と仕事内容は?

現在、私が担当しているのは、汎用圧縮機の生産技術です。生産技術とは、設計部門が開発した新たな製品を、工場で安定した品質で大量に生産できるよう、製造プロセスを立案したり、設備を整えたりする仕事。設計段階で試作を行うのと工場では全く環境や条件が異なるため「どうやって作るか」を考えるのが私たちの役割です。私自身は圧縮機の心臓部ともいえるスクリューロータの機械加工を担当しており、マシニングセンタと呼ばれる加工機械の制御プログラムを作成したり、製造を補助する冶具を設計するのが主な仕事。製品の品質や生産性に大きな影響を及ぼす重要な役割だと思っています。

仕事のやりがいは?

工場では限られた工作機械を使って製品を製造しなければならないため「どうすればこの形状を再現できるか」といったことに頭を悩ませなければならないことが少なくありません。せっかく立案した加工手順が、実際には部品と製造装置がぶつかってしまうために実行が不可能だったり、書き上げたプログラムでは思ったように装置が動かないといったこともよくあります。そうした様々な困難を乗り越え、自分の手で設計通りの部品を作ることができたときには大きなやりがいを感じます。また電気、機械、プログラムなど、幅広い知識や技術が身に付けられることにも魅力を感じています。

今後の目標は?

生産技術という仕事には職人の技のような部分があり、経験の積み重ねが技術力の差として大きく出てきます。経験10年、20年といった先輩と比べれば、私にはまだまだ学ばなければならないことが残されています。特にひとつの製造プロセスを完了させるまでにかかる時間は、先輩と比べてかなり長くかかっているのが実情。「こうすれば、こうなるはず」という経験や勘を身に付けて、より高度な生産技術を目指したいですね。将来的には製造の現場で技術を極めていくことが目標です。進化を続ける製品開発に対応できるよう、技術力を高めていきたいですね。

1日のスケジュール

08:30

出社、課内朝礼、メールチェック

10:00

新規設備の仕様検討、加工プログラムの見直し

12:00

社内で昼食

12:45

現場で加工プログラム変更、段取り作業の改善

15:00

治工具の検討と書類の作成

19:00

退社